【学生記事】デジタルファブリケーション

トップ画像用テンプレ-3-01
こんにちは、3年の大川です。

今回は、集中演習の中から私の受講したデジタルファブリケーションについてご紹介します。

デジタルファブリケーションの授業では、
レーザーカッターを使ってなんでも好きなものを作ることが可能です。

レーザーカッターでは、紙・木・アクリルなどを好きな形にカットすることができます。
例えばアクリルでアクリルスタンドやキーホルダーを作ったり、
木を組み合わせて建物の模型を作ったり、各々が作りたいものに挑戦します。

私は木材をカットして・・・
(この写真は練習で紙を切ったものですが)


IMG_9912


ネームプレートを作りました!


IMG_8354


カットする素材や厚みによってレーザーカッターの威力を変更するのですが、そこが一番の難点でした。
私が持ってきた木材はかなり分厚いため中々切れず、何度も先生に見てもらいながらなんとか作ることができました。

この授業を受けて嬉しかったことは、作ったものが自分の手元に形として残るところです。
モノづくりが好きだという方はぜひ受講してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧くださり、誠にありがとうございました。
資料請求はこちら!

ゼロワーク®プログラム
デザインアート思考®
ビジュアルコミュニケーション
プロジェクトベースドラーニング

御茶の水美術専門学校は、産学、官学連携授業実践校です
交通と立地「在校生インタビュー」