デザイン・アート科3年制

2017_デザインアート科3年制_01

デザイン・アート科3年制

 高校を卒業してから実際に仕事に就くまで、いったいどのくらいの準備期間が必要なのでしょうか? 企業に就職したり、起業して会社を立ち上げたり、あるいはフリーランス活動を始めたり、自分の夢を叶えるにはそれ相応の準備期間が必要だと思いますが、OCHABIは社会人として順調にスタートするには、最低でも3年間の準備期間が必要だと考えています。なぜなら、就職活動は内定が決まるまで継続されます。企業の採用活動が平日に行われることを考えると、卒業年度に授業に集中することは難しく、逆に積極的に学外で日頃の学業の成果を「実践」する期間と考えてよいでしょう。
 基礎、応用、実践、それぞれをきちんと時間を掛けて学ぶ為に、OCHABIは3年制を採用しています。

2021_学科説明

→ 一般社団法人 日本経済団体連合会 “採用選考に関する指針” 2018年03月12日改定

 実際に、2018年03月12日に改定された一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)の「採用選考に関する指針」によると、2020年度の企業の採用選考に関する広報活動は、卒業年度に入る直前の03月01日以降、選考活動自体は卒業年度の06月01日以降に行うよう明記されています。補足として翌年度の2021年度からは採用指針を策定しないともされていますが、2020年度までの慣習は根強く残ることが予想されます。いずれにせよ、これは就職活動が卒業の13カ月前に始まることを意味しています。つまり2年制の場合、入学後11カ月(1年未満)という短い準備期間で就職活動を始めることになります。一方、OCHABIでは入学から約2年以上の時間をかけて産官学連携の事例研究を実践的に行います。こうしてクリエイティビティーをビジネススキルに変換するのに充分な時間を確保した上で、就職、起業、フリーランス活動へと繋げていくのです。
 OCHABIは職業教育を目的とする専門学校として、高校を卒業してから仕事に就くまでに必要な準備期間は3年と考えています。

デザインアート科

産学、官学連携授業
持続可能な開発のための教育(ESD)
プロジェクトベースドラーニング(PBL)
デザインアート思考®

交通と立地(在学生インタビュー)
卒業生インタビュー

友だち追加

デザインアート思考®

産学連携とプロジェクトベースドラーニングの御茶の水美術専門学校(OCHABI)。デザインアート思考の授業では、自分のクリエイティブ・アイデアを論理的に構築して仕事相手に伝える習慣を養います。

2017_産学連携授業_小バナー

産学、官学連携授業

産学連携とプロジェクトベースドラーニングの御茶の水美術専門学校(OCHABI)。産学、官学連携授業では、企業や団体、行政機関で働いている社会人が学校の授業運営に協力することで、学生の時から「実社会」で通用する「社会性」を持った人財育成を行います。

2019_デザインアート思考_小バナー

プロジェクトベースドラーニング

仕事に必要なコミュニケーション能力を産官学連携のPBLに取り組むことで身につけます

2019_アクティブラーニング_記事バナー

持続可能な開発のための教育

産学連携とプロジェクトベースドラーニングの御茶の水美術専門学校(OCHABI)。本校では企業や団体、行政機関、また大学や高校といった教育機関とのパートナーシップを通じて、「誰ひとり取り残さない(No one will be left behind)」世界を目指し、将来の産業や技術革新を推進する人財の継続的育成に取り組んでいきます。

SDGs_white_小