【HDA 2021 1st Presentation 特別審査員 】株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 前川花野さんを密着取材しました!(審査編)

1st_sinsa_1

こんにちは、指導部の安達でございます。

先日行なわれました「HUMOR DESIGN AWARDS -2021 1st Presentation-」の特別審査員としてお招きした、株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 前川花野さんに密着取材しました。

当日は10時過ぎから審査がはじまり、前川さんは4階の3年生からまわられました。

1st_sinsa_3 1st_sinsa_4

今回は全学生個人での出展です。
数ある作品のなかから、どう興味をひくか、なにを見せるか、限られたスペースをどう活用して訴えかけるか、文章を書きこんで読ませるまえに、ビジュアルでどれだけ伝えるか、学生たちはたくさん考えて制作します。

1st_sinsa_2 1st_sinsa_7

プレゼンテーションに至るまで、
・自分にとってのユーモアとは何か
・どんな人にささる企画なのか
・それを伝えるためにどうヴィジュアル化するか

だけでなく、

・どんな経路で情報を届けるのか
・適正な価格は? どう導き出すのか

まで研究を重ねています。

前川さんは、3時間で約140点以上の作品を見つつ、気になったものはもういちど会場へもどり、出品者へ質問をされておりました。

1st_sinsa_7 1st_sinsa_6

また、プレゼンテーションをぜひ聞いてみたいという学生には「どうしてこの題材でユーモアな商品を思いついたんですか?」などたずねたり、声をかけたり、みじかい時間のなかいくつもの企画を熱心に見てくださいました。

公開審査会編へ続く。