特別審査員 pu・pu・pu長田裕子さんへ密着取材(審査編)

DSC_5938

こんにちは、指導部 中野です。
先日、本校イベント「Creative Solution Awards -2019 3rd Presentation-」の審査会でお招きした特別審査員のお一人、卒業生でもあるpu・pu・pu長田裕子さんの審査のご様子をレポートします。

461526E1-4237-4671-84CB-E84FBA1AC826 BEF04199-98CA-4CC1-9950-CF94077B605F
グラフィックデザイナーでもあり、サンドウィッチポーチをメインに雑貨デザインを手がける長田裕子さん。各チームから約3分程度のプレゼンテーションをききながら、全体をみてまわります。

CA439EE9-2B02-4E3F-A0CB-7F9234B6330D
学生たちのプレゼンテーションも熱が入ります。

DSC_5636 DSC_5740
3分の説明時間は、ちょっと話を聴きたい人には長く、詳しく知りたい人には短く感じます。
ですが、「一言でいうとこれは何?」という問いに、短い説明でわかり易く伝えることができると、まずは興味を持ってもらえます。

そういった目的で、先生たちは学生に「企画内容はA4用紙1枚でまとめよ」「プレゼンは3分で伝えよ」、と言っています。
DSC_5591
ひとチームごとに、短い時間ながら丁寧に耳を傾けてくださっています。

表彰式編に続く