【海と日本プロジェクト in東京】海洋グラフィックコンテスト参加者インタビュー#12

munakata

デザイン・アート科2年生 棟方 みなみ さん

munakata

①デザインの解説をしてください

波多江さんの要望を元にして基本的に左右対称のレイアウトにし、色遣いを工夫して天国と地獄のイメージをはっきりとさせました。 キャラクターを入れたいという要望があったので簡単なイラストをいれ、ゴミの気持ちを表現しました。

②難しかったところは何ですか

ミーティングの機会が少なく、小学生の要望をうまく取り込めているかというのと今までの例が無かったのが不安でした。

③小学生と一緒に取り組んだ感想を教えてください

小学生と協力して何かを作る機会はなかなかないし、交流できてとても楽しかったです。

mv-cmyk

日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、都道府県各地で展開されている「海と日本プロジェクト」。東京では、海と日本プロジェクトin東京実行委員会(株式会社テレビ東京ダイレクト)が主催の海洋インフォグラフィックコンテストを実施。

海洋インフォグラフィックコンテストは、小学生のみなさんに海洋研究をしてもらい、その研究結果を元にデザイナーと2人1組になってインフォグラフィック作品を作る大会です。
御茶の水美術専門学校有志20名が、学生たちの調査をインフォグラフィックに仕上げるデザイナーとして参加しました。

▼YouTube
みんなのあおいろスペシャル!海洋インフォグラフィックコンテスト篇

海洋オンラインセミナー