集中演習「コマーシャルフォト」

0725記事写真_大川s

2年大川です。集中演習「コマーシャルフォト」についてご紹介します。

1日目・・・基礎のお勉強
      まずカメラの使い方や写真を撮るときに気をつけること(アングルや画角など)の
      基礎的な学習をしました。

2日目・・・スタジオ撮影
      学校内にスタジオのセットを組んで生徒自身が交代でモデルになり撮りました。
      光の当て方によって異なる印象がおもしろいかったです。
      個人的には光を直接、人に当てずにバックの白い壁に当てて
      ふわっと優しい雰囲気で撮るのが好きでした。
      カメラもですがモデルの方もポーズを取るのが難しくて苦戦しました。
■スタジオ撮影
      光を自由にコントロール可能。安定した光が獲れる。

3日目・・・学校外での撮影
      街と人を撮るというテーマで御茶ノ水の街と人を撮りました。
      車が走っているところや人が歩いてるところでシャッタースピードを変えて動きのある写真を
      撮ってみたり、窓やガラスの反射を生かしてみたり色々な角度から街を見てみました。
■街と人を撮るとは?
      街の風景や人々をスナップすることで、文化が見える。

4日目・・・スタジオ撮影、学校内での撮影、講評
      学校のパンフレットに載せるならというテーマで学校内の写真を撮りました。
      講評の時間に構図について褒められたことが嬉しかったです。
      ピントを合わせる範囲や余白の使い方など他の人の写真を見て刺激を受けることができました

集中演習を終えて、カメラの楽しさに気づかされる4日間だと思いました。
元々カメラに興味はあるけど難しいものだと勝手に思っていましたが、
やってみるとすごく楽しくてまた写真を撮りたいと思いました。