就活が億劫になったら、○○の力を使う。

20150821_hp_iguchi

こんにちは。

進路指導担当の井口です。


お盆も開けましたが、就活モードに上手く切り替えられて
いますか?

ものごとは、やり続けているとスムーズに割と難なく
こなせたりするものですが、

一度やめてしまうと再開するのにものすごくエネルギーが
必要になります。

これは、自転車を漕ぐ時と似ていますね。

最初は自転車を漕ぐのが重く感じられますが、暫く
漕ぎ続けていると、殆ど力を入れずに漕ぐことができます。


就活をするのが面倒で、今週一週間ぐらいはまあ
いいかな~と思っているあなた。

それは危険ですよ~。
そう思うと、就活しないことが日常、当たり前になり、
就活することがイベント的なものになるからです。

ぜひ、毎日当然のようにすることの一つとして、就活を
スケジュールに組み込んでください。

「でもな~」

「どうしても気がすすまないもんな~」

と思っている時にはどうすれば良いでしょうか?


それは、他人の力を借りるというのが効果的です。

友達に対して、あるいは家族や学校の先生に対して
「今日から就活をする」と宣言してみてください。

他人に言った手前、行動しないと
「あ~気まずいな・・・」

「なんか自分カッコ悪いな~・・・」
と感じるようになると思います。

そうならないのであれば、厳し目の人に対してお願い
すると良いでしょうから、やはり学校の先生が最適かも
知れませんね。

ぜひ、他の人の力をかりて就活モードに切り替えて
ください。


OCHABIは文部科学省から職業実践専門課程に認定されました。
ですから、すべての授業が社会で実践的に活かされる内容です。

進路指導の内容も然りです。

もっと詳しく知りたい、という方は体験レッスン(ゼロゼロワーク)に
参加してみてください。

それでは