就活のヒント 企業の「求める人物像」でなかったら?

求める人物像

こんにちは。
講師の井口です。

求人情報によく「求められる人物像」というのがありますよね?
企業理念や業務内容に共感を覚え、受けてみようかな~?と思った矢先に
「求められる人物像」に記載されている項目に自分が当てはまらないことが
分かったとします。

そんな場合、それでも受けるか、やはり求められていないんだから
どうせ無理だろうなと諦めるか、あなたならどう考えますか?

この点、色んなキャリアアドバイザーや、就職支援をする人の考えを
見ていますと、見解は一致していません。

ですから、正解はありません。

で、私なら学生にどうアドバイスするか?

私なら是非受けるようにアドバイスをします。

なぜかと言えば、企業にはそもそも色々な人がいますし、
企業の人に出会って自分のことをPRすると案外1次や2次選考まで
通過するものです。

とは言え、最低限クリアーしていないといけない要素というのは
ありますので、企業ごとに判断が必要です。

迷ったらハローワークでも相談に乗ってもらえますし、学校なら
キャリアセンターや進路相談の担当者の方に気軽に話してみてください。

それでは