ゼロワークデッサン 人物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは、講師の小原です。
今週のゼロワークデッサンは人物でした。

一言で人物といっても、まずは顔の比率などを骨格レベルで学びます。
似顔絵などで顔を似せるにはどこのパーツを合わせれば良いのか等、また各パーツを様々な角度から見た際にどのように影が落ちるのかなど。それらを学んだ後に全身のプロポーションを基本とした動きの講義にはいりました。
年齢や性別で骨格にどのような特徴があるのかなど、様々な動きをまずは棒人間のイラストで沢山練習しました。
人体も基本的な決まり事さえ習得してしまえば様々な応用が可能になります。
キャラクターイラストが得意な方も、もう一度骨格レベルで人体を理解することがとても重要です。
jinbutu