【学生記事】補色と反対色

トップ
デザイン・アート科2年の岸です。

デザインをするにあたって、色の組み合わせが重要になる場面が多くあります。
今回はそんな時に役立つ、「補色」と「反対色」についてお話ししたいと思います。

「補色」はきいたことがある方が多いのではないでしょうか。
青色といえば黄色、赤色といえば緑色など、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
そんな反対の色というイメージの「補色」ですが、実は青色の補色は、黄色ではないのです。


素材1


ここからは、上の色相環を見ながら色の説明をしていきます。
補色は、色相環の正反対にある色のことを指します。
ですので、1⃣の青色の補色は、2⃣の橙色になるのです。

そして、2⃣の両隣にある色は、青と「反対色」と言われる色です。
反対の色合いであるが、正反対ではないという色を指します。
「補色」「反対色」をうまく使うと、作品の雰囲気を変えることができます。


素材2


こちらの二つを比べると、違いがわかると思います。
左が補色の関係、右が反対色の関係で作った絵になります。
補色ははっきりとした色の違いがつけることができます。
そして反対色は、色味を少し変えることで派手にしたり、落ち着いた印象にすることもできます。

これらの「補色」と「反対色」を意識してデザインをすると、
いつもとは少し違った作品ができるかもしれないですね。
資料請求はこちら!

ゼロワーク®プログラム
デザインアート思考®
ビジュアルコミュニケーション
プロジェクトベースドラーニング

御茶の水美術専門学校は、産学、官学連携授業実践校です
交通と立地「在校生インタビュー」