【学生記事】<選択授業>モーションイメージ

1219_03

今回は映像の授業であるモーションイメージについて書いていきます。

この授業は2年になると履修できる選択授業のうちの1つです。
Adobeの『AfterEffects』を使用し、テレビやMVでよく見るような動く文字を作る方法などを学べます。

文字だけでなく、他のソフトで作ったロゴやキャラクターも自由に動かすことができます。

今回は編集の様子を少しだけお見せします!

1219_01
このように文字を打ち込み、

1219_02
図形で囲みます。

1219_03
そこにエフェクトをかけると、スクリーンショットだと分かりにくいですが、線に波のような動きをつけることができます。

御茶の水美術専門学校では様々なソフトの使い方を勉強をし、それを活かして企画を作り上げていきます。

私は選択していませんが、『InDsign』というソフトをつかった授業では雑誌の制作方法が学べます!
個人的にInDsignの授業は就活時に使用するポートフォリに役立つと思うので、2年次に選択して学んでおけばよかったなと今では思っています。