エスキース

20150817_hp_kobara下図

こんにちは、講師の小原です。
皆さん絵を描く時、本番に入る前にエスキース(ラフ下図)をしていますか?

エスキースは、本番前に頭の整理をする上でもとても役にたちます。
僕の場合は風景や花が多いので空間の設定や月の位置、落款(名前の印)まで
エスキースの時点で決めています。

これがキャラ物イラストになればなおさらエスキースは必要となります。
背景との位置関係、パース等。

そしてなによりも、展示にもエスキースは必要なのです。
みなさんプレゼンテーションなどで展示をする際に、どのくらいの方が
展示イメージを描いているでしょうか?
出展登録に必要だからとりあえず描いているという方、
モノができてから配置を決めている方もいるのではないでしょうか?

チームでも個人でも、展示をする際は最も効果的に作品を魅せることができる
ように意図して配置を決めていかねばなりません。

頭に思い描くのは自由です。
一度展示してしまうと直すのは面倒です。
それなら最初からイメージを数パターン描いておいて、そこから選ぶ方が
時間も無駄になりません。

エスキース、する癖をつけましょう。