【学生記事】お気に入りの服を採寸してみよう!

トップ画像用テンプレ
こんにちは、デザインアート科2年 湊です。
今回のお題は、お気に入りの服を採寸してみよう!です。

私事ではありますが、服が好きで今は古着屋で働いています。
その中で、オンラインで洋服を出品する際に『採寸』という作業があります。
採寸とは、服の着丈や袖の長さを測ること言います。

自分の持っている服の中で、お気に入りのシルエットやサイズ感のものを採寸していれば、
お買い物上手になること間違いなしです。

採寸をするにはこのような柔らかいタイプのメジャーが必要です。
メジャー

採寸する箇所

トップスの場合
着丈 身幅 袖丈 肩幅

パンツの場合
ウエスト レングス 渡幅 裾幅

10月も終わろうとしているので、これからの季節に欠かせないトレーナーの採寸を解説していきます。


着丈

着丈は、後ろのネックラインの縫い目から裾の終わりまで。


身幅

身幅は、脇の下の縫い目か、縫い目まで。


袖丈

袖丈は肩の縫い目から袖の裾の終わりまで。


肩幅

肩幅は、肩の縫い目から縫い目までの四箇所を測ります。

この採寸をマスターして
自分にとってのゴールデンサイズを見つけましょう!
資料請求はこちら!

ゼロワーク®プログラム
デザインアート思考®
ビジュアルコミュニケーション
プロジェクトベースドラーニング

御茶の水美術専門学校は、産学、官学連携授業実践校です
交通と立地「在校生インタビュー」