【HDA 1st Presentation】学生インタビュー③

記事3_02

学生広報部の田中、土門、屋比久です。

いよいよHUMOR DESIGN AWARDSは終わりに近づいてきました。どの学生が選ばれるのかドキドキです!

それでは、最後のインタビュー者、デザインアート科3年生の大木敬子さんの企画を紹介したいと思います。

記事3_01 記事3_01

HUMOR DESIGN AWARDS で考えられている企画は「はいからぱるふぇ」という商品だそうです。

今回三年生は 60 代 セカンドライフを条件として設定されています。
商品の内容としては昔のおもちゃが3アイテムほど入っているセット販売を検討しているそうです。
また、ペルソナの幼い頃の夢でもあった「パティシエ」からデザインはスイーツのようになっているんだとか!

ラフ書きを見せていただきましたが、どれも個性的で可愛らしいデザインでした。
『若々しい心と まだまだ成長できるセカンドライフ』『できる可能性』などこの商品の裏側には大木さんならではの想いが詰め込まれていました。

三名の方インタビューを受けてください有難うございました。
間も無く表彰式が行われます。
100 点以上の企画の中で誰が選ばれるのでしょうか!
結果は後日お知らせいたします。お楽しみに。