【在校生インタビュー】 メインビジュアルのデザインについて Creative Solution Awards -2020 2nd Presentation-

img_main

講師の御領園です。
Creative Solution Awards – 2nd Presentation-のメインビジュアルは、学生が授業の一環として制作・提案したものの中からデザイン・アート科2年生 大木美春さんのデザインが選ばれました。

今回はその制作の制作秘話に迫るべく、大木さんにインタビューをしました。
2020_2nd_DM

御領園:この度はご採用おめでとうございます。ご自身のアイデアが採用されたと聞いた時はどんなお気持ちでしたか?

大木:かなりバタバタしていた時に聞いたので「DMはあなたのになったよ。」と言われた時「DMってなんの略だっけ。」と思いました。なんとなく採用されないだろうと思っていたので、すごく驚きました。

御領園:確かに声を掛けたときイマイチしっくりきていない様子でしたね(笑)
それにしても、インパクトの強いビジュアルが印象的ですね。DMのアイデアはどのように出したのですか?

大木:伝えたいことがじわじわ伝わるようなものを作ろうと思い、色々な案を出していたらこれが気に入りました。モアイみたいに普通飛ぶはずもないものが飛んでいるのを見ると頭が柔らかくなるよねというメッセージが隠れています。

御領園:「モア、いい。」というキャッチコピーも笑いを誘う上に和む雰囲気で素敵です。制作する上でこだわった点や苦労した点があれば教えていただけますか?

大木:難しかったのはメインのモアイです。あまりイラレで形を作ることに慣れていなかったのでいらない模様を付けたり余計な線を入れてしまったりしたのですが、最終的にとてもシンプルでわかりやすい形になっていると思います。
img_DM2

御領園:モアイの描写がシンプルな分、背景や煙のグラデーションが映えていますね。アイデアやデザインを考えるときのために、普段から心がけていることはありますか?

大木:自分が本当に満足出来ているかが重要だと思います。一個だけ完成して終わりにはせずできるだけたくさんのアイデアを形にしてみて、自分が納得できるものを完成させることを心がけています。
img_portrait_1

御領園:良いデザインを生み出すために大変良い心がけだと思います。
続いて授業についての質問です。OCHABIはチームで取り組む課題も多いですが、個人制作とチームワークの違いって感じますか?

大木:個人の良いところは、自分が一から考えた企画でプレゼンできるところです。チームとは違い完全に個人作業なので、自分のペースでものを進められるのがいいですね。
その反面、自分しかいないので方向性や制作のペースがずれ始めても自力で気付けないのが大変なところだと思います。

御領園:なるほど。では、これからのOCHABI生活でやってみたいことはありますか? 新しくチャレンジしたいことや、引き続きがんばりたいことなどもあれば教えてください。

大木:この学校に入ってから作ってみたいものの幅が格段に広くなりました。例えば雑誌のデザインや広告などの紙媒体から、映像、グラフィックなどデジタルのものまで本当に色々なジャンルのものを作る機会があり、できるだけやりたいことを取りこぼさずに全部に挑戦していこうかなと思います。

御領園:ぜひ在学中にたくさんのことにチャレンジしてください。それでは最後の質問です。ずばり、夢は?

大木:人を感動させるものを作ることです。

御領園:まさにズバリですね!これから大木さんがどんなもので人を感動させてくれるのか、楽しみにしています。
大木さん、どうもありがとうございました。
img_portrait_2